« 奈良公園 | トップページ | 犬鳴山 »

お伊勢参り 伊賀神戸~青山町

伊賀神戸から青山町まで歩きました。



木の葉のような蛾は




僕を何処へ




いざなおうと言うのか。




♪なんてね。


伊賀神戸駅

伊賀神戸に到着。


伊賀神戸駅舎

いがこうべと読んでいました。




おばちゃんたちが




メナードのバスに乗り込むのを




尻目に歩く。




コスモスの花を見ると




百恵ちゃんの歌を口ずさんでしまう。




嫁入りの歌なのに物悲しげで、抒情的。


伊賀鉄道

今のギャルには到底ない




大人ぽさだった。




当時はたちそこそこだったのが




今さらながら驚き。




これは柿の木。




しばらく休んでいた




お伊勢参りを再開しています。




近鉄パンフ・第六回のコース。




なかなか休みが合わなくて




ツアーに参加できません。




何も分からないけれど




晴れた日に歩いていると


弁財天

気持ちいいですね。




心安らぐ田園地帯。




左手に流れる




一級河川の木津川は




有料河川ということで




無断で釣りをすると




罰金を払わされるそう。




どうりで




釣り人がいないわけだ。




中学生の頃、友達と




山の辺の道を歩いていたら、




柿が自生していたので




取って食べたら、




ものすごく不味かった。




あれは鳥たちのものだね。




歩いていて気持ちのいい渓谷。




川の水もきれいだ。




休日にはハイカーが




大勢歩いてそうだけど。




クマやイノシシさえ出なければ




没問題。




ススキを見ると、




何故だか、掃除がしたくなる。




ロマンがなくて、すみません。




めっちゃ、うまそう。




ようやく標識があった。




初めてのところは


よく分からない石碑

歩いていても




自信ないですからね。


おかげ灯篭

この辺りは




おかげ灯篭が多い。


おかげ灯篭

宿場が近いことを




物語っている。


ししとうの花

しかしこれらの


おかげ灯篭

おかげ灯篭




夜に点灯してるのかな。




してたら、嬉しいかも。




ボ~っと歩いてたら、




犬に吠えられた。




やっぱり猫が好き。




伊賀四国八十八箇所・


安楽寺

第二十五番札所の


安楽寺

安楽寺に到着。


安楽寺

弘法大師が伊勢神宮に通った道に


安楽寺

札所は設置されているらしい。


安楽寺

伊賀や名張は真言宗が


安楽寺

有力なのでしょうね。


安楽寺

空海がお伊勢参りしたということは、




日蓮宗みたいには




排他的ではないんでしょうね。




ここから




初瀬街道阿保宿。




そうは言っても、




宿なんて見当たらない。




今日び、お伊勢参りは




近鉄特急でサクッと




行っちゃうもんねえ・・・




台風にやられた米が再生されている。




農家の努力と稲の生命力に




乾杯!


大常夜灯

大常夜灯。


大常夜灯

こちらは毎夜




火を灯している模様。




夜来たら




ロマンチックだろうな。




とは言え、宿屋もお店も




ろくにないから




車でないと無理です。


息速別命の陵墓

息速別命(いこはやわけのみこと)の陵墓。


息速別命の陵墓

通称、阿保親王墓。


息速別命の陵墓

垂仁天皇と薊瓊入媛(あざみにいりひめ)の


息速別命の陵墓

間に生まれた皇子。


息速別命の陵墓

父の命令で幼少の頃


息速別命の陵墓

伊賀国に入ったそう。


息速別命の陵墓

すぐ横で、おばさんが農作業をしている。




拙者、忍びの者ではござらんぞ。




畦道は滑りやすいなあ・・・




蜘蛛糸もよくからまるし。




気を取り直して歩く。




軽く吹く風が冷たい。




冬の足音が聞こえる。




夜なんて帳が下りたら




真っ暗だろうな。




星がきれいかもしれない。


若戎の事務所

若戎さんの事務所で




事務員さんに道を教えてもらう。


たわらや

初瀬街道交流の館の


たわらや

たわらやはかつての旅籠。


たわらや

当時のお陰まいりは


たわらや

講というシステムで


たわらや

今で言う旅行貯金のような積み立て形式で


たわらや

地域の代表の者が選ばれて


たわらや

契約旅館に宿泊していた。


若戎

たわらや向いの若戎の店舗で


若戎

3種類の酒を試飲させてもらう。




おねえさんが丁寧に説明してくれる。




すっかり話しこんでしまって、




写真を撮り忘れてしまった。




坂の上にある大村神社は




地震除災の神様だったのか!




これは是非とも




参拝せねば。




東北の人の分まで


大村神社

拝んできます。




落ち着いた雰囲気。




遥拝所で伊勢神宮を拝む。




いろんな神社の遥拝所で拝んだのが




今度のお伊勢参りのきっかけなんです。


宮坊禅定寺の梵鐘

神社なのに鐘楼がある。


鐘の中に打ちこめられた
古鏡一面は大和国葛城の
豪家の娘の愛蔵であった。

宮坊禅定寺の梵鐘


ある夜、鐘を守る若い
寺僧の枕辺にその娘の
亡霊が現れ、

日本三大奇鐘のひとつ。


その時から鐘乳がぼろぼろと
虫が食ったように落ちだした、
と言われる。

記念に一発。


ご神木

ご神木


大村神社

古い時代の


大村神社

雰囲気が残されていて、


大村神社

心が安らぐ。


大村神社

若戎の酒も奉納されている。


地震除けの神様・要石

地震除けの神様・要石。


水掛けなまず

水掛けなまずに


水掛けなまず

水をかけて


大村神社

地震が止むことを願う。


大村神社

前の記事でも触れた




万城目学の鹿男あをによしは




伏見の狐、難波宮の鼠、奈良の鹿が




なまずをなだめる話だった。




なんたる偶然。


ベタな観光地?

最近行ったとこばっかり。




地震よ止まれ。




川を渡れば




駅前と言うのに




和菓子屋以外何もない。




近鉄・青山町駅。




今回の歩きの距離は




7キロと短く、




なんとなく物足りない。




時間はたっぷりあるので、




ハイキングも兼ねて、




日帰り入浴を試みる。




はっきり言って




お伊勢参りより




こっちの方が




ハードです。




日生学園の




広大なキャンパスを




横目に歩く。


パーム・ド・夢

パーム・ド・夢は近い。


パーム・ド・夢

ちょっと緊張する。


パーム・ド・夢

リゾート・ホテルが見えてきた。


朝妻の湯

朝妻の湯は


朝妻の湯

露天風呂が広い。




送迎バスで駅まで送ってもらい




乗り継いで帰る。

|

« 奈良公園 | トップページ | 犬鳴山 »

三重」カテゴリの記事

お伊勢参り」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
今回も大満足のお散歩気分を味合わせて
いただきました。ヽ(´▽`)/
以前 二年間ほど鈴鹿市に住んでいたことがあって よくお伊勢さんの方へ遊びに行ってたんですけど よくある観光地ばかりだから こういう 素敵な場所や景色を見逃してたんですね~(^-^;今更ながら悔やまれちゃいます・・ 
でもsiowmotionさんのブログで堪能させていただいちゃってますので ラッキーでしたヾ(´ε`*)ゝ 

投稿: Mik | 2011年10月31日 (月) 07時30分

Mikさん、こんにちは。
嬉しいコメント、ありがとうございます。励みになります。

Mikさん鈴鹿に住まれてたんですか。
三重は慣れ親しんだところなんですね。
自分は大坂にいながら、あまりうろちょろしてこなかったので、今さらながら、歩く楽しみを覚えています。三重には歩いていて楽しいところ、たくさんありそうですね。
のどかで、心安らぐような。

とは言え今回の歩き、あまり観光地化されていない(?)ところで、ガイドさんもいなければ、説明書きのようなものも少なくて、ちょっと歴史がよく分からないところもありましたですね~

投稿: slowmotion | 2011年11月 1日 (火) 00時13分

この記事へのコメントは終了しました。

« 奈良公園 | トップページ | 犬鳴山 »