« 伏見の酒蔵めぐり | トップページ | お伊勢参り 上本町~枚岡 »

灘の酒蔵めぐり2 西宮~今津

西宮から今津まで歩いてきました。

阪神尼崎駅

阪神尼崎駅から、


阪神尼崎駅

待ち時間には車庫もチェックしつつ、


姫路行き特急

姫路行きの特急に乗って、


西宮駅

西宮駅で


西宮駅

降りる。




バス・ターミナルを越えると




商店街がある。




梅雨の合間のいい天気。




最近なぜか西宮によく来る。




初詣と違ってゆっくり参拝できるのは


西宮神社

気持ちも落ち着く。


西宮神社

西宮神社だ。


西宮神社

戎さんと福男で有名だ。


重文・表大門

豊臣秀頼公の寄進でできた門(再建)は四足。


えびすの森

松の木が多い森。


えびすの森

神の天降りを待つ(松)からか。




南宮神社は謡曲にも謡われる有名な廣田神社の摂社。




鳥居の向こうが神聖に見える。


神馬(しんめ)

十日戎の前日、恵比寿さまが市内を乗馬で巡回していた。


西宮神社

本社は


西宮神社

改修工事中のため


西宮神社

仮殿で参拝する。




橋を渡って




伊勢神宮方面を拝む


沖恵比酒(おきのえびす)神社

沖恵比酒(おきのえびす)神社




井戸かな・・・???


歌碑

扇にて 酒くむかげや ちる桜 (芭蕉)




南門から出る。




阪神高速沿いに歩き、




道路を渡る。




灘の酒蔵めぐりも2度目。


白鹿の工場

白鹿の工場が見えてきた。




以前は魚崎から石屋川まで歩いた。




今回は西宮から今津まで歩く。




広範囲にメーカーがあるからね。


白鹿記念酒造博物館 酒ミュージアム

白鹿記念酒造博物館 酒ミュージアム


白鹿記念酒造博物館 酒ミュージアム

入館料200円を払うと


白鹿記念酒造博物館 酒ミュージアム

記念にお酒をくれる。


大八車

樽を乗せた大八車は


板石道

板石道で井戸場から港まで運ばれた。




白鹿の酒は有名なのに、




なぜかあまり飲んだことがなかった。


しるしの杉

ちょっと楽しみ。




蔵人の世界は


鉄大釜

総責任者を杜氏と呼ばれる。


釜場

杜氏の補佐役を頭と呼ぶ。




麹・もと、以外の諸作業の指揮をとる。




麹つくりの責任者は代司と呼ばれる。




もと仕込みの責任者はもと廻りと呼ばれる。


船場

蒸米の責任者は釜屋。




道具の責任者は道具廻し。




かつては丹波方面から




酒作りの人員が呼ばれていたとか。




道具の種類も多すぎて




名前は覚えられそうにない。




試飲はできずじまいだった・・・




まだ梅雨はあけてない。


西宮市交通公園

西宮市交通公園が興味を引く。


西宮市交通公園

暑いからか、子供もあまりいない。


西宮市交通公園

なんだか楽しい。


西宮市交通公園

懐かしい雰囲気もある


西宮市交通公園

ユニークな公園でした。




電線が目立つ。




白鷹禄水苑に到着。




暮らしの展示室。資料館やレストラン、ホールもある。




白鷹は白鹿の分家のような存在。




以前は辰巳酒造という名前だった。




試飲にもトライ。各種一杯200円。




白鷹の工場も見える。




原酒を飲んでフラフラ。




宮水庭園に向かう。




白鷹の井戸。




白鹿の井戸。




日本盛りのもある




菊正宗は塀で囲ってるので、見えない。




複数のメーカーが同じ場所から水を取っていたのか。




ちょっと離れたところに喜一の井戸。


日本盛りの工場

宮水も飲んでみたいところ。




影が長くなってきた。




酒蔵通りの標識




惚れ惚れするネーミング。




♪酒が飲める、飲めるぞ、酒が飲めるぞ




高級の酒を試飲できるのは




酒蔵ならでは。


酒蔵通り煉瓦館

酒蔵通り煉瓦館


酒蔵通り煉瓦館

中はガラス工房、多目的ホール、レストランなど。


酒蔵通り煉瓦館

過去CMに「男はつらいよ」のテーマが使われていた。


酒蔵通り煉瓦館

もちろん試飲も。




試飲と利き酒は違うらしい。




自分の場合はただの試飲のよう。




日本酒はガンの予防になるそうで、




父を焼酎派に変えてしまったことを悔やんだ。


今津六角堂

今津六角堂は小学校の中にある。外観を眺めただけ。


関寿庵

大関の関寿庵では酒を使った和菓子を試食。




すっかり酔っ払ってしまった。




阪神今津駅から




乗り継いで帰る。

|

« 伏見の酒蔵めぐり | トップページ | お伊勢参り 上本町~枚岡 »

兵庫」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

急に暑くなってきましたねぇ。
こういう時期は、酢の物なんかを肴に
ヒヤで一杯

酒蔵めぐりは楽しそうですね。
別に飲む・飲まないは関係なく、
お酒の作られ方を見てるだけでも楽しそう。

昔は、石畳の上を荷車で港まで運んだんでね。
海岸沿いの軟弱地盤を思い酒樽を積んで引っ張るのは
重労働だったんでしょうね。
昔(今でも?)古い酒屋さんや燃料屋さんに
トロッコが引かれてたのを思い出します。

投稿: なかっちょ | 2011年6月27日 (月) 08時23分

なかっちょさん、こんにちは。ご訪問とレス、ありがとうございますm(_ _)m

暑くなってきました。去年の猛暑はひどかったですが、今年も厳しいという予想で、電車も冷房温度を下げると言われていますね。でも冷房があるだけで、30年前よりはマシですね。

酒蔵めぐり、一度やってしまうと、ずるずる行ってしまいそうで怖いですが(笑)冷酒はなかなかオツです。「冷蔵庫に入れて早めに飲んでください」なんて言われると、賞味期限があるのが不思議な気分になりますが。

昔の蔵人の仕事を見ると、どこも厳しかったみたいですね。工場で作っている今の時代と違って、贅沢な飲み物だったんだなあと、頭が下がる思いです。

投稿: slowmotion | 2011年6月27日 (月) 22時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« 伏見の酒蔵めぐり | トップページ | お伊勢参り 上本町~枚岡 »